2011.06.18SEO記事一覧

外部リンク(バックリンク)の関連性とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

外部リンクの評価指標の一つとして、リンク元とリンク先との関連性があります。例えば旅行代理店のサイトに対して歯科医院のサイトからリンクが貼られても、ほとんどもしくは全く評価をしない、というアルゴリズムです。

リンク元の<title>やサイト内に同一のキーワードが用いられているから、というような単純なポイントではなく、リンク元とリンク先のサイト全体のテーマを捉えて判断しているものと考えられます。

パンダアップデートによって昨今特に強化されている指標

数ある外部リンクに対する評価指標の中でも、今(2011年6月現在)Googleが最も力を入れていると考えられるのが、この関連性でしょう。

その背景には2011年内での国内実装が予想されるパンダアップデートがあります。パンダアップデートによってGoogleがコンテンツの価値が低いとみなしたサイトは評価を大幅に下げられます。ここから類推するに、リンク元としての評価もアンカーテキストやリンク周辺のテキストよりページ・サイトの優位性が占める割合が高くなると思われます。

関連性のある、しかも優れたコンテンツからいかにリンクを貰うか。SEOは非常に難しい局面を迎えつつあるといえるでしょう。
 
【次のページ】キーワードスタッフィング »
 

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ