2011.11.10マーケティング全般

【連載】SEOとマーケティング – 第一回「マーケティング・ミックスの4PとSEO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

突然ですがしばらく「SEOとマーケティング」という少し大きなテーマで連載をさせていただこうかと思います。

きっかけはある書籍の内容に衝撃を受けて、自分の頭の中を整理したいと考えたことです。

何しろきっかけが「自分用メモ」みたいなものですから抽象的な話が続きますし、すぐに上位表示のために役立つ内容ではありません。
多くの人にとっては「何をいまさら」というテーマかも知れません。ですのでどこかで仕事のヒントを感じ取ってもらえるよう、毎回落とし込みをしながら連載を続けたいと思います。
第一回となる今回のテーマは経営学の古典からSEOの立ち位置を確認する「マーケティング・ミックスの4PとSEO」です。

そもそもマーケティングって何?

しばらくは「マーケティング」という言葉を連呼することになると思うので、まず最初に定義しておきましょう。

マーケティングというと「ああ、広告ね」とか、「販促のことでしょう?」という印象の方も多いのでは無いでしょうか。実はそれらはマーケティングの一部分にすぎません。
マーケティング界の重鎮「フィリップ・コトラー」の名前は経営学に興味がない方でも耳にしたことがあるでしょう。コトラーは、マーケティングを以下のように定義しました。

マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセス」である。

Wikipediaより引用

ちょっと難解ですが、単なる「広告」とはちょっと違いそうだな、もう少し広い意味がありそうだな、ということを感じていただければOKです。

マーケティング・ミックスの4P

コトラーの上記の定義を、もう少し噛み砕いて4つに分解したのが「マーケティング・ミックスの4P」です。

マーケティング・ミックスの4P

Product 製品 何を作るか
Price 価格 いくらで売るか
Promotion プロモーション だれに・どうやって知らせるか
Place 流通 どこで渡すか

この4つの「P」全てがマーケティングです。単なる広告や販促とはちょっと異なる、幅広い活動であることがご理解いたただけると思います。

ここでは、「プロモーション」だけ独立して活動してもマーケティングはうまくいかないことを理解していただければ結構です。

プロモーション・ミックス

この4Pの内「Promotion」だけは特殊ですね。カタカナですし。実はこのPromotionだけをさらに4つに分解してわかりやすくした言葉があります。「プロモーション・ミックス」です。

プロモーション・ミックス

Advertising 広告 メディアを用いて行う宣伝活動
Public relations パブリシティ 取材など、広告によらない広報活動
Sales promotion 販売促進 割引特典等を活用しての購入促進
Personal selling 人的販売 販売員によるコミュニケーション

SEOの立ち位置は?

さて、ようやくブログのメインテーマである「SEO」に戻りますが、SEOの役割は上記の中でどこに該当するかお分かりいただけるでしょうか。

SEOはWebサイトというメディアを活かしてより多くの人に製品・サービスを知ってもらおうという活動ですから「Advertising(広告)」です。

でも「広告」と一口に言っても、広告の王様と言われた「テレビCM」から電車でよく目にする中吊り広告、そして読者の方々に縁が深いであろうWeb広告までさまざまですよね。これらをひっくるめてメディア・ミックスと呼んだりします。

こうして見るとSEOの担当領域って本当に狭いことがわかりますよね。

marketing-mix-seo

マーケティングを意識すれば仕事が楽しくなる

「な~んだ、SEOってぜんぜんインパクトないんだね。おれの仕事って張り合いないのかな・・・」いえいえ、そうではありません。多くのWebマスターにとって、SEOは重要なテーマです。

今回お伝えしたかったのは、SEOがマーケティング活動の一部であることを認識できれば、仕事の質が更に高まるということです。

例えばSEOサービスを販売する営業の方なら

「この製品(Product)の特徴は」
「雑誌に取り上げられ時は何がウケたんだろう」(Public relations)

こういったことを頭に置いておくと、訪問前の事前調査やヒアリング、キーワード選定を含む提案の幅等がグッと広がりますよね。

同じように制作畑の方なら

「価格帯(Price)は競合と比べてどうなのか」
「営業の人達(Personal selling)はどんな売り方をしているのかな」

といったポイント次第で、クリエイティブの方向性が変わって来るはずです。

何より、自分は上位表示のための「部品」だと思って作業をするより一つのマーケティング・キャンペーンの一端を担っていると考えながら仕事をする方がはるかに有意義で、楽しいものです。

いかがでしたか?次回(第二回)は「商品を丸裸にするWEBとSEO」というテーマでお送りしたいと思います。
次回の記事はこちら

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ