WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

WordPressのタグとは?カテゴリーとの違いと上手な活用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressを使用してコンテンツ作成を行っている皆さんは、投稿画面に存在している「タグ」をご存知でしょうか。
タグを上手に活用することで、ユーザーの回遊率向上にも繋がることが期待できます。

本記事ではWordPressに存在する「タグ」とは何か、カテゴリーとの違いについてご紹介していきます。
また、最後にはSEOの観点で見たタグの設定方法や注意点についてもご紹介いたします。

タグとは?

まず、WordPressの投稿画面に存在しているタグとは何かをご説明いたします。

タグとはキーワードで関連する記事を紐づけることができ、カテゴリーよりも狭い範囲でまとめるのでユーザーが記事を探しやすくすることができます。使用されているテンプレートや設定方法にもよりますが、タグを設定すると下記キャプチャのように記事毎にタグが表示されるようになったり、ブログでよく見るサイドメニューのタグ一覧(タグクラウド)を表示させたりすることができます。

サイト内タグ例

上記画像の右上は「内部施策SEO」とタグ設定をした例です。この設定をすることで、タグごとのキーワードを紐づけることができます。表示されているタグのキーワードをクリックすることで、同じキーワードで紐づけられたページを一覧で表示することができます。

タグ検索例

上記キャプチャは、前のキャプチャに表示されていた「内部施策SEO」と設定したタグページへのリンクをクリックすることで遷移されるページになります。
記事を「内部施策SEO」のタグキーワードで紐づけた記事の一覧ページになり、ユーザーが気になっているキーワードをタグ設定で紐づけられていれば、関連するページにユーザーが回遊することもあります。

タグとカテゴリーの違い

関連する記事を紐づけるという点など、カテゴリーに似たところもあるタグですが、カテゴリーとの違いとは何でしょうか。それぞれの特徴についてご説明いたします。

カテゴリーの特徴

カテゴリーとは分類のことを言います。
サイト運用において、最初に設計するポイントであり、運用上に大きな問題がない限りカテゴリーを変更することはほとんどありません。カテゴリーは、親カテゴリーを設置し、その下層に小カテゴリーを設置するといった親子関係の階層構造にすることができるといった特徴があります。

基本的にカテゴリーは記事ごとに1つ設定し、カテゴリーの一番下には記事が格納されます。このことから、カテゴリーは縦の繋がりといったイメージになります。

タグの特徴

タグとはグループ化や目印のことを言います。
設定するタグのキーワードと関連する記事を、キーワードごとに紐づけることが可能になります。関連するキーワードが複数あれば、1つの記事に複数のタグを設定することができます。タグはカテゴリーのように階層構造を持てないので、1つ1つのタグが独立しています。
後の活用方法で説明しますが、一般的にタグはカテゴリーと重複しないように設定します。

カテゴリーとの違い

カテゴリーとタグ、それぞれの特徴から大きな違いは以下になります。
カテゴリーは基本的に親子関係の階層構造を持てることから、 記事ごとのパーマリンクやパンくずリストに活用されています。最初に設定したカテゴリーを後になって変更することは、コストや工数がかかることが多いので、サイト設計の初期段階で綿密に決める必要があります。

一方、タグはカテゴリーのように親子の階層関係を持たせず独立しているので、サイトの立ち上げ段階で設定しなければいけないといったことはありません。また、コンテンツが充実してきたときに、ユーザーを回遊させるきっかけ作りに活用できます。

タグの上手な活用方法

タグを上手に活用するには、「タグはカテゴリーと重複しないように設定する」ことや「カテゴリー設定内容の範疇を超えないようにする」のがポイントです。

親子関係の階層構造を意識したカテゴリー設計を行った場合、タグよりも大きな範囲でくくられていますので、その範疇を超えるようなタグの付け方は望ましくないケースがあります。
たとえば、「ノートパソコン」というカテゴリーの記事に対して「パソコン」や「ノートPC」
は、適正なタグの付け方では無いと言えます。「ノートパソコン」のカテゴリーに対して「パソコン」のタグをつけてしまうとタグの方が広くなってしまいます。

また、「ノートPC」のようにカテゴリーのキーワードと書き方が違うだけで同じ意味をもつキーワードはカテゴリーとタグで重複するので良くありません。
タグを作成する際は以下のようなポイントを意識しましょう。

  • オリジナルのキーワード(テキスト)を設定する
  • 類似キーワード(テキスト)にならないようにする
  • 記事と関係のないタグは設定しない

オリジナルのキーワードの設定や類似キーワードにならないようにするためにExcelやスプレッドシートで管理することもおすすめです。タグの一覧表を作成管理することで、重複や類似したタグの作成防止になります。

また、タグを新しく作成した記事にどのタグを設定するか考えやすくなり、タグ一覧の中から書く記事を考えることもできるので上手に管理しましょう。タグはカテゴリーに比べ、ピンポイントで読みたい記事を探すことができる特徴があるため、ユーザーが次に読みたい記事をどこから探せばよいかのヒントとなり、回遊率の向上も期待できます。

たとえば、「パソコン」というカテゴリーで「windowsとmacのそれぞれの特徴」といった記事を読んだユーザーは他にどのような記事を読みたいでしょうか。記事の中で紹介された「windows」と「mac」の特徴から、もっと自分に合ったOSの情報を教えてくれる記事を読みたいと思うはずです。

そこで、「windows」と「mac」のタグを設定していれば、興味を持ったユーザーがどちらかのタグをクリックし、関連するページへ回遊する可能性が高まります。
しかし、ここで設定されているタグが「windows」でも「mac」でもなく、「OS」といったどっちつかずのタグが設定されていたり、そもそもタグが設定されていなかったりした場合、ユーザーは次の記事を求めてサイトから離脱してしまうかもしれません。「mac」というタグを設定し、macの関連記事を見てもらうように、ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすくすることが上手な活用ポイントです。

タグの設定方法

WordPressで投稿する際の設定で、各ページに「タグ」と呼ばれるキーワードを設定することができます。
投稿画面の右側のメニュー一覧にある「タグ」の部分から設定が可能です。

WordPressタグ設定方法1

タグは「,」半角のコンマで区切って入力します。
入力箇所にキーワードを下記キャプチャのように記入し、追加ボタンを押すことでタグが設定されます。

WordPressタグ設定方法2

バツ印をクリックすることで、タグの解除が行えます。2回目以降でタグを設定する場合は、よく使われているタグから選択することができ、入力の手間を省略することもできますので活用していきましょう。
また、タグページの作成はカテゴリーページの作成と同様に、WordPress管理画面内の投稿>タグで表示される画面から作成することも可能です。

WordPressタグ設定方法3

もちろん既存タグの情報を修正することもできます。
しかし、既存タグの修正で注意必要なのは、スラッグを修正してしまうとURLが変わってしまいます。URLの変更を行うと修正前のページで獲得した評価が失われたり、サイト分析においての管理に手間が生じたりします。

変更自体は簡単に行えますが、URLが変わるとサイトに対しては大きな影響になることもあるので、スラッグの変更は慎重にしましょう。

タグはnoindexで設定する方が良い?

タグページにはnoindex処理をする方法があります。タグの運用管理に自信がない場合は、タグページにはnoindexを設定することをおすすめします。なぜなら、意味が重複するタグを乱発してしまうと、かえって回遊性は低くなり、SEO評価がマイナスになりうるからです。

タグの乱発はタグページ、つまりはリンク集のようなページが増え続けていくので、類似したタグページがサイト内に増えていくことになります。オリジナルとは言えない類似タグページが増え続けることは、サイト全体の印象も悪くなります。
タグの乱発を防ぐにはnoindexの設定をおこない、重複の恐れがあるページをインデックスさせないようにする方法があります。サイトの運用上、noindex設定ができないといった場合には、タグに類似キーワードを設定したり、増やしすぎたりしないように注意しましょう。

では、タグページのnoindexの設定方法についてですが、WordPressで使用されているテーマによってはnoindexの設定などができることもあります。しかし、そうでない場合はWordPress内のプラグインを使って対応することもできます。

All in One SEO Packを使う

WordPressのプラグインであるAll in One SEO Packを使うことで、簡単にnoindexの設定をすることができますのでご紹介していきます。WordPressでサイトを立ち上げる際に多くの方はインストールされていると思いますが念のため、プラグイン「All in One SEO Pack」のインストール方法についてもご説明します。

WordPress管理画面のサイドメニュー内にある「プラグイン」の「新規追加」を選択し、プラグインの追加画面へ遷移し、ページ内の検索ボックスに「All in One SEO Pack」と入力し、検索・インストールを行います。
インストール後、サイドメニューに「All in One SEO Pack」が表示されるので、そこの「一般設定」から設定が可能になります。

WordPressタグ設定方法4

上記キャプチャのように「Noindexの設定」でタグのnoindex設定ができます。
チェックを入れて上部または下部にある「設定を更新」をクリックするだけで設定は完了です。このAll in One SEO Packの一般設定画面では、タグ以外にもnoindexを設定することができます。タグをnoindexする際に、以下のようなページについても同様にnoindexの設定をしておいてもよいでしょう。

  • 日付別アーカイブページ
  • 投稿者アーカイブページ

そのほかにもおすすめしているプラグインをご紹介している記事がありますので、よろしければご参考にしていただければ幸いです。

WordPressでSEOを意識するなら絶対に入れたいプラグイン17選

おわりに

タグとカテゴリーの違いや活用・設定方法についてご紹介しました。
おさらいすると、カテゴリーは親子関係の階層構造といった縦の繋がりです。タグはカテゴリーとは違い階層構造にはできないので、独立しています。タグを設定するときは、カテゴリーや既に設定したタグと類似キーワードにならないようにするのが上手な活用ポイントです。

運用中のサイト内にコンテンツが充実してきたら、ユーザーを回遊させるきっかけ作りのひとつとして活用してみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
白神裕也

白神裕也

ディーエムソリューションズ株式会社 大阪デジタルマーケティング事業のSEOコンサルタント。 SEO対策をはじめ、ローカルSEO(MEO)やコンテンツマーケティング、エントリーフォーム最適化(EFO)など幅広く取り組む。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.