WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー内容と解決方法(Google Search Console(グーグルサーチコンソール))

2022.05.19 SEO記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

Search Consoleのインデックスカバレッジレポートで「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラーが出てしまい困っていませんか? ここでは、エラーの原因と内容を解説し、対処方法を詳しく解説します。

エラー内容について

それでは「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー内容について、確認していきましょう。

Search Consoleの管理画面からは、[インデックス] > [カバレッジ]と画面を表示すると下記の画像のように表示されていると思います。

サーチコンソールのエラー画面
 

ここで表示されたエラーについて、GoogleのSearch Consoleヘルプでは、下記のように記載されています。

送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML ヘッダーに、noindex ディレクティブがあります。このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP ヘッダーを削除する必要があります。URL 検査ツールを使用して、エラーを確認してください。
(引用)Search Console ヘルプ「インデックス カバレッジ レポート

どのような意味なのでしょうか?

上記のヘルプに書かれた内容の意味は、Search ConsoleのURL検査でURLを直接送信、またはrobots.txtファイルに追加したサイトマップ(sitemap.xml)に対して「サイトマップに記載されているURL一覧にnoindexが設定されているページがあります」という意味です。

サイトマップは、クロールして欲しいURLを検索エンジンに伝えてインデックスを促すことができますが、サイトマップに記載されたURLを検索エンジンが見た(解析)時にnoindexの設定(インデックスをしないように検索エンジンに伝える設定)がされていると、SearchConsoleではエラー状態と判断されます。

考えられる原因について

なぜ「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーが出るのでしょうか?

下記のことが、原因として考えられます。

  • robotsメタタグにnoindexが設定されている
  • X-Robots-Tag HTTPヘッダーにnoindexが設定されている

 
考えられる原因を挙げたところで、次で紹介するのは具体的な解決方法を解説していきます。
 

解決方法

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーは、どのように解決したらいいのでしょうか?

これから紹介する解決方法を見ていきましょう。

問題が発生しているURLの確認

まずは、問題が発生しているURLを確認しましょう。

Search Consoleの[インデックス] > [カバレッジ]の順に表示すると下記のようにカバレッジの詳細が表示されます。

サーチコンソールのnoindexエラーの箇所
 

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー項目をクリックすると該当するURLが表示されます。
 

サーチコンソールのnoindex設定エラーURLの詳細確認

ここに表示されたページにnoindexが指定されているかを確認します。意図したnoindexを設定したかどうかで対処法は変わります。次に説明する修正の前に確認することを理解した上で対処法を決めましょう。

 

修正の前に確認しておくこと

エラーと表示されたURLは、意図的にnoindexを設定したのか、意図せずCMSなどの設定でnoindexが設定されてしまったのか確認する必要があります。それぞれのケース別に解決方法を解説します。

 

­ 意図的にnoindexを設定した場合

テストページの作成で意図的にnoindexを設定している場合で消し忘れていたら、noindexの設定を削除してください。

もし、引き続きインデックスさせたくないページであれば、サイトマップに記載したURL一覧の中から、該当のURLを削除し、noindexの設定はそのままにするとよいでしょう。

 

­ 意図せずnoindexが設定されてしまった場合

意図せずCMSなどの設定で、インデックスしてほしいページにnoindexが設定されてしまうこともあります。その場合、CMSの設定でnoindexを設定しないようにしてください。

 

­ noindexを取るべきか判断がつかない場合

意図的なnoindexが設定されたのかどうかが分からないケースもあるかもしれません。そうした時は、該当のページがGoogleにどう評価されているかを確認するとよいでしょう。個々のサイト状況で判断は異なりますので、判断がつかない場合は当社のSEOコンサルティングサービスも含め、SEOの専門化に相談をするのが良いでしょう。

 

該当URLの修正

それでは、問題の起きているURLを修正していきましょう。ここではnoindexがよく設定される例の紹介と対処法を引き続き紹介します。

 

­ robotsメタタグにnoindexが設定されている

robotsメタタグにnoindexがある場合は、下記のようなメタタグがソースコード内に設定されているか確認し、設定されている場合は削除してください。

ほとんどの検索エンジンにインデックス登録されない:

<meta name=”robots” content=”noindex”>

 
Googleのみインデックス登録されない:

<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

noindexが不要な場合は上記に記載されたnoindexの箇所を削除することで対応が完了します。

 

­ X-Robots-Tag HTTPヘッダーにnoindexが設定されている

X-Robots-Tagは、一般的にメタタグが設定できないコンテンツ(PDF、画像、動画など)に使用します。

ブラウザの開発者ツールやHTTPヘッダーを調べるツールを使用し、下記のような設定が表示されていないか確認します。
 

HTTP/2 200 OK
server: nginx
date: Tue, 17 May 2022 01:11:11 GMT
・・・
X-Robots-Tag: noindex
・・・

 

HTTPヘッダーは、どこで設定されているのでしょうか?

Apacheであれば、サイトのルートに設置してある「.htaccess」ファイルまたは「httpd.conf」ファイル。
NGINXであれば、サイトの「.conf」ファイル。
その他のウェブサーバーに関しては、サーバー管理者に問い合わせしてください。

 

Apacheであれば、下記のような記述が「.htaccess」ファイルか「httpd.conf」ファイルに記載されていると思います。

 

サイト内すべてのPDFファイルをnoindexにする設定:

<Files ~ “\.pdf$”>

Header set X-Robots-Tag “noindex”

</Files>

PDFファイルをインデックスしたい場合は、上記の記述を削除してください。

 

該当URLの修正後、インデックス登録をリクエスト

意図しないnoindexを削除した後は、修正した後のページをクロールしてもらうためにやってほしいことがあります。それは、下記の手順でインデックス登録のリクエストを行ってください。

 

① 修正したURLを選択し[URLを検査]を実施します。
 
サーチコンソールのURL検査

② [インデックス登録をリクエスト]をクリックし、インデックス登録をGoogleにリクエストします。
 
noindexが行われたURLのサーチコンソールによるインデックス登録
 

③ 申請完了
 
noindexを削除したURLのインデックス登録作業完了
上記の画面が表示されたら、インデックス登録作業は完了です。完了した後は、検索結果に反映されるのを待つことになります。
※インデックス登録には数日~2週間程度かかります。
※インデックス登録のリクエストは、1日あたりの上限があります。
 

多数のページのインデックス登録をリクエストする場合は、更新ページを<lastmod>でマークアップして、XMLサイトマップを送信してください。

 

 

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」についてのよくある質問

意図的にnoindexを設定しているページに「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーが出ています。どのように対処したらよいのでしょうか?

おそらくサイトマップにnoindexを設定しているページのURLが記載されていると思います。サイトマップからnoindexが設定されているページのURLを削除してください。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーは、どういうことでしょうか?

サイトマップなどでGoogleにインデックス登録を依頼したにもかかわらず、そのページにnoindexが設定されているときに表示されるエラーです。

 

まとめ

Search Consoleのカバレッジで「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラーが表示された場合のエラー内容・原因・解決方法を解説しました。

ほとんどのケースで、noindexが設定されているページがサイトマップのURL一覧に記載されているのが原因かと思われます。

原因は必ずどこかにあるので、Search Consoleでエラーが出てもあわてずにひとつずつ確認し修正しましょう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.