2014.10.08成功事例

【成功事例】インタビューコンテンツでお問い合わせが増加した事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BtoB向けのコンテンツマーケティングの成功事例

株式会社アドックインターナショナル
<会社名>
株式会社アドックインターナショナル

<URL>
http://www.adoc.co.jp/

<事業内容>
今年で25期を迎える東京都立川市にあるIT企業。通信システムの設計・構築・運用・保守、通信運用システムの販売・アウトソーシング事業に加え、お客様目線の「OSP」による業務コンサルティングなど幅広い事業を展開されています。

課題

自社の提唱するOSP(Operation Service Provider)」という考え方を、ターゲットとする経営者の方々にどのように情報発信していくか。

施策

1.コーポレートサイトの配下にWordPressで情報発信ブログを構築し、経営者層が興味を示すような経営に関する記事を公開し、認知を得る。

2.認知から獲得へステップアップするために、「OSP」の提唱者である株式会社アドックインターナショナル代表の小林常治社長に「OSP」の概念をお話いただき、インタビュー形式で情報発信することにより、共感していただいた経営者の方からの問い合わせにつなげる。

成果

コンテンツマーケティング実施から1~2ヶ月後、「ホームページで社長のインタビューを見て非常に共感したので相談したい」という問い合わせにつながった。

OSPとは お客様の視点に立って、困っていることや未解決の課題、お客様自身も気付いていない課題を解決していこう、という考え方です。お客様がすでにわかっている課題や、私たちにあらかじめ求められている仕事だけをやっても、お客様の真の満足にはつながりません。お客様自身が認識していない課題をも見つけ出し、その解決方法を提案していく。そんな仕事をしよう、というコンセプトです。

アドックインターナショナル 代表取締役 小林常冶

 

「何か解決してくれそうな、力強い・心強い雰囲気を持っていた」

株式会社アドックインターナショナルマーケティング推進室室長の八木澤幸紀氏に、コンテンツマーケティングの実施に関して率直な意見を伺いました。

Q.1コンテンツマーケティングを導入しようと思った理由を教えてください

株式会社アドックインターナショナルマーケティング推進室室長の八木澤幸紀氏当時、アドックインターナショナルのサービスのコンセプトである「OSP(Operation Service Provider)」という考え方をどのようにして情報発信して行こうか悩んでいました。

「OSP」というのは、お客様にサービスを提供する上で大事にしていることのひとつで、 お客様の表面に出ている依頼だけではなく、本当にお客様の立場に立って、真のニーズを考えて提案することです。 言葉や文字にすると至極当たり前のように感じるのですが、それを馬鹿正直にまじめにやっている会社なんですというのをどうやったら表現できるのかをずっと考えていました。ストレートに物事を伝えることはひとつの手法だと思いますが、私が大事にしたかったのは雰囲気なんですよね。 当社のホームページには、そういったアドックインターナショナルならではの独自の色を持った情報発信の場はなく、自分たちはこんなことができるよというサービス紹介目線のコンテンツしかありませんでした。

そこで一般のビジネスパーソンや経営者が困っていることに関するお役立ち情報を載せる「コンテンツマーケティング」を行うことで、アドックインターナショナルがお客様目線を持っている会社で、お客様の立場に立って提案できるんだということを間接的に雰囲気として出したかったのが導入のきっかけですね。

Q.2もともと社内で行っていたコンテンツマーケティングをやめた理由を教えてください

私を含め二人でやっていたのですが、他の業務と掛け持ちでやっていたので、コンテンツの産出スピードがあがりませんでした。コンテンツを週1本アップする目標を立てたとしても、記事の品質が良くない場合は、見直したり修正したりして記事の公開が翌週に延びてしまったりしていました。 そういったことが続き、なかなか思うように作業が進まなかったので、コンテンツを充実させるためにも、信頼のおけるパートナーとやるべきだと考えました。

Q.3色々なコンテンツマーケティング会社の中でディーエムソリューションズを選んだ理由を教えてください。

株式会社アドックインターナショナルマーケティング推進室室長の八木澤幸紀氏 2014年の春頃からコンテンツマーケティングの導入を考え始め、色々な業者さんに相談したりセミナーへ行ったりしていましたが、「OSP」に関するイメージ作りの話をするとちょっと難しそうな顔をされるんですよね。 私の穿った偏見かもしれないのですが、コンテンツマーケティングというと、サイトをメディア化し、そこで集客したお客様に対し様々なサービスを提案・提供していくというイメージがあり、それを外れると難しいと思われてしまうのか、前向きな回答をいただけない印象を受けました。

その中でディーエムソリューションズさんは「全然行けますよ。それは面白そうですね」という反応をしていただけたので、お願いしてみようと思いました。 「OSP」もそうなのですが「どんな事ができるのか」で一緒に仕事をするのではなく「この会社ならできそうだ。最後までやってくれそうだ。この会社と仕事がしたい」ということがパートナー選びのポイントだと感じています。

私がいろいろ悩んでいる中で何か解決してくれそうな力強い・心強い雰囲気を持っていたことが大きいですね。

Q.4実際にディーエムソリューションズにコンテンツマーケティングを依頼して良かった点を教えてください

■SEO戦略に沿ったコンテンツ

記事が前倒しでどんどん出てくるので、こちらとしては追われることなく平穏な気持ちで記事を公開できました。

今までだったら記事の書き直しでスケジュールに影響が出ていましたが、ディーエムソリューションズさんだとそういったこともなくやっていただけるのが良かった点の1つですね。

2つ目は、記事のひとつひとつの狙いや検索需要がある等SEO的な裏付けがあって作成していただけることですね。

3つ目は、今回コンテンツマーケティングの一環として行なっていただいた社長インタビュー・社員インタビューが、社内外からの評判が良く「OSP」という考え方を、社長が語った言葉を通じてわかっていただけたことです。

3ページにわたるロングインタビューということから、長いという意見もあったのですが、社員全員が大事にしなければならないお客様やサービスに対する考え方なので、社員が読むようになったことで、社外へのブランドメッセージだけではなく、社内に対してもブランドを固めることにつながりました。

当社は、社員が会社に居ることよりもお客様のところにいる時間の方が長いので、社員に向けた情報発信の機会が限られています。

今回の社長インタビューを社員全員が読むよう、マネージャー陣が指示してくれたのも大きかったですね。

当社のサービスは、社員が会社に居ることよりもお客様のところにいる時間の方が長いので、社員に向けた情報発信が限られています。今回の社長インタビューを社員全員が読むよう、マネージャー陣がオペレーションしてくれたのも大きかったですね。

■狙い通りお客様の心をがっちり掴んだコンテンツ

株式会社アドックインターナショナルマーケティング推進室室長の八木澤幸紀氏7月の終わりから記事を公開し始め、インタビューもそのタイミングで公開したのですが、1,2か月くらい経ってから、ホームページからの問い合わせで、社長のインタビューを見て非常に共感したので相談したいという問い合わせがあったとのことです。

<実際に問い合わせがあったインタビュー記事>

スペシャルインタビューVol.1「OSPを語る」(1) |株式会社アドックインターナショナル

当社はITインフラ、経営者の支援事業を行っていますが、スペックや機能等に関しては同じことをできるところは他にもあると思います。 ホームページのリニューアルやコンテンツマーケティングを実施した目的は、当社独自のやり方や考え方に共感してくれるお客様と仕事がしたいということだったので、本当にマッチしたお客様から相談があったことは非常に良いことであり、当初の目的通りの成果となりました。

Q.5ディーエムソリューションズの悪い点を教えてください

■技術的な問題・・・

既存のCMSを利用していたのですが、今回のコンテンツマーケティングを実施するにあたり、技術的な問題はあったにせよ、提案段階で期待していたことができなかったのが残念な点でした。 ただ、当初想定していた既存のCMSを利用する方向ではなくワードプレスを利用する方向転換を行い、結果として機能が豊富でいいものに仕上がったので満足しております。

■コンテンツの品質に関して

コンテンツ内容も事前の摺合せの際に記事タイトルを出し、タイトルの良し悪しを決め進めてきたのですが、実際にコンテンツの中身を見ると私たちが想定していたようなコンテンツと異なることが何件かありました。 そこに関しても、改善案として貴社からご提案いただき、当社が入れてほしいような話題や資料、自分たちが取り組んできた内容をタイトルレベルで共有することによって、今ではお戻ししなくても良いような記事が多くなりました。

Q.6コンテンツマーケティングに望むものは何ですか?

株式会社アドックインターナショナルマーケティング推進室室長の八木澤幸紀氏コンテンツマーケティングという言葉はありますが、書かれているコンテンツは不変だと思っています。 世の中に情報が溢れている中で、厳選したお役立ち情報が集まることはすごく良いことです。さらに私たちが発信する情報をまとめてくれるキュレーションサイトもあるので、良質なコンテンツがどんどんユーザーの手元に届き、当社がターゲットとしている経営者の方達も、どんどん良質な情報を掴み、その中で当社と一緒に仕事がしたいと思っていただけたら最高ですよね。

Q.7ディーエムソリューションズへの期待をお聞かせください

粘り強く要望を聞いて提案していただけるので、そのスタンスは維持してほしいです。 コンテンツマーケティングを通してお付き合いが始まりましたが、今では当社が新しく扱う商材をどうプロモーションしたらうまくいくかという相談もできる関係になってきています。 今後もその関係を続けていき、パートナーとして一緒にお付き合いいただきたいと思っています。

担当者からのコメント

第8回 Web&モバイル マーケティング EXPO 【春】に出展した際に、最終日の終了間近に当社ブースに来ていただいてお話しさせていただいたのがきっかけでした。そこからとんとん拍子で話が進み、ホームページの一部リニューアルからコンテンツマーケティングまでお手伝いさせていただくことになりました。 当社はサービス開始当初から他のサービスとは一線を画すコンテンツの品質を売りにしておりましたが、それでもBtoB向けのコンテンツマーケティングは難しかったというのが印象です。
現在進行形ではありますが、お客様の会社のビジョンやミッションを共有させていただき、そのための課題管理、クォーターごとの品質評価など、さらにコンテンツ品質を向上させる取り組みをご一緒にさせていただきました。本当にありがとうございます! 私たちはコンテンツを提供しているわけではなくコンテンツやSEOを通して貴社の目標を達成させたい!成功させたいと思ってお手伝いしております。
是非、今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

※本インタビューは2014年9月に行ったものです。社名及び事業部担当者様の役職などは、 インタビュー当時のものを記載しております。予めご了承ください。

今回ご紹介させていただいた実際のコンテンツを見たい方はこちらから⇒株式会社アドックインターナショナル | OSPブログ | OSPで世界を変える

インタビューは動画でも見れます!!

  • コンテンツマーケティング【成功事例】インタビューVOL1①(10分)
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=DkUfl3TDaC8[/youtube]
  • コンテンツマーケティング【成功事例】インタビューVOL1②(10分)
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=DkUfl3TDaC8[/youtube]
  • コンテンツマーケティング【成功事例】インタビューVOL1③(3分)
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=4yJyOhbxEeo[/youtube]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
木村和央

木村和央

ディーエムソリューションズ株式会社 バーティカルメディア事業部 部長。数多くのサイトのSEOコンサルティングを手掛け成功させてきたSEOエヴァンジェリスト。ホームページからの売り上げを4ヵ月で2000倍以上にしたなど、豊富な実績を持つ。