2012.02.01SEO記事一覧

再審査リクエストを送ったらすぐさまGoogleから返信が届いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

先日、当社で購入した中古ドメインに「ウェブマスターツールにドアウェイページ(誘導ページ)に関する警告が届いていた」という記事を書きました。
記事の中で、ウェブマスターツールから再審査リクエストを送信した、ということを申し上げましたが、それに対してGoogle側から早速返信が届きましたので公開します。

前回の記事をご覧いただいて無い方のために、事の経緯は以下の通りです。

doorway-page-reply

どうやら評価を元に戻してくれたみたいですね。よかったよかった。メッセージによると今回の処置はアルゴリズムによる機械的な処理ではなく「Webspamチームによる手動の対応」に該当していたようです。

たった2日で対応してくれた親切なWebspamチーム

それにしても、まさかたった2日でリアクションが返ってくるとは思いませんでした。再審査リクエストといってもこれだけWEBサイトがあれば一日あたりそれなりの数になっているのではないかと思いますが、Google側は一体どうやって確認しているのか、全くもって謎です。

なんにせよ、こうして迅速に対応してもらえるのは嬉しいことですね。

ほとんどいらっしゃらないとは思いますが、今回の例を見るかぎり「ドアウェイページ(誘導ページ)に関する警告」を受けて再審査リクエストをする場合は「取り消しました」メッセージが届くまでは対応が不十分だと考える方がいいでしょう。

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ