2011.06.18SEO記事一覧

隠しテキスト、隠しリンクに対するペナルティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

隠しテキスト・隠しリンクに対するペナルティは手動のペナルティに該当するケースが多いです。
自社サイトのソースコードを確認して隠しテキストを使用しているようでしたら以下のフローで対応してください。

隠しテキストを使用してしまっていた場合の対応

ペナルティ通知メールを放置しただけで最大1ヶ月間のインデックス削除

私が知っている事例では、ウェブマスターツールからのペナルティ通知メールに気づかず結果的に無視し続けた(内容は<h1>が隠しテキスト化されているというもの)結果、1ヶ月間のインデックス削除という大変厳しいペナルティを受ける結果となりました。

一ヶ月もの間Google、Yahoo!からの流入が全く見込めない状況を想像してみてください。

こういった事態を防ぐには、ウェブマスターツールに登録しこまめに確認することです。そして万が一問題点を指摘された場合は直ちに該当箇所を修正し、再審査リクエストを送信しましょう。(ウェブマスターツール上から送信できます)

なお、Googleによればスパム通知のメールは保存されており、送信後にウェブマスターツールに登録された場合でも確認はできるとのこと。ただしsitemap.xmlの送信機能もありますので、基本的にはサイト開設と同時に登録しておくべきでしょう。
 
【次のページ】キーワードスタッフィングに対する罰則  »
 

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ