2012.04.24マーケティング全般

Google ChromeのアドレスバーからいきなりAmazonを検索する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

Amazonで書籍を検索したいとき、どうしていますか。
まずGoogleのトップページから「あまzn」と検索して、AmazonのTOPにいって、サイト内の検索窓に文字を打ち込んで・・・あーイライラする!
超がつくせっかちな性格の私はそんな後輩を見てたいそうもどかしい気持ちになりましたので、今日はGoogle Chromeの便利機能を紹介します。

address-bar

以前から色々なところで共有されていた内容だと思いますので、ご存知の方も多いかもしれません。

やり方

Google Chromeの設定を使います。(右上のレンチマークを押してください)

chrome-option

検索エンジンの管理」へ。

search-engine-management

画面一番下までスクロールして新しい検索エンジンを追加。ここでは名前を「アマゾン」、「キーワード」欄には黙って「am」と入力しておくことを推奨。

custom-search

一番右のテキストボックスが肝心で、以下を入力。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%s&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%s&x=0&Ay=0

これで設定は完了。(「デフォルトに設定」は選択せずにエンターキーで決定)。

さっそくアドレスバーに先ほど指定した検索キーワード「am」と入力して「スペースキー」を叩くと・・・

address-bar (1)

でた!!出ましたね!

ポイント

お気づきの方も多いと思いますが、これはサイト内検索時のURLの内、検索キーワード部分を「%s」に変更してあげればほとんどのサイトで使えるテクニックです。

例えば楽天市場のサイト内検索で「SEO」と入力したときはこんなURLになるわけですが・・・

rakuten-search

そこで「SEO」の部分を「%s」に変更してGoogle Chromeの検索オプションに登録。「キーワード」欄は「r」でも「ra」でもお好みで。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%s/-/
rakuten-option

できました!

chrome-rakuten

味をしめていろいろ登録する

これを応用すればいろんなサイトをダイレクトに検索できますよ!

いきなりTwitter検索してみる

TwitterはURLの作りが非常にシンプル。指定のURLは以下の通り。

https://twitter.com/#!/search/%s

いきなりYahoo!を検索する

デフォルトの検索エンジンをGoogleにしている人も多いと思うのですが、同じキーワードでYahoo!の検索結果も見ておきたい、という時に。

http://search.yahoo.co.jp/search?ei={inputEncoding}&fr=crmas&p=%s

いきなりGoogle100位表示

ある日突然10位以内からいなくなってしまった!もしかしたら同テーマの別のページがGoogleを混乱させてしまっているのかも?100位以内に別URLがいないかしら?と、淡い期待を抱きながら使います。

http://www.google.co.jp/search?as_q=%s&complete=0&num=100

Googleで100位までをまとめて表示するにはオートコンプリート&インスタント検索をOFFにしなければなりません。URL末尾に「&complete=0&num=100」をつけるのはそのためですが、Chromeであらかじめ設定しておけばそんな手間も不要です。

いきなりOpen Site Explorer

Open Site Explorer(通称OSE)は有名なサードパーティ制被リンク調査ツールです。
Open Site Explorerを効果的に利用する為に見るべき項目(SEO is DEAD!! WEB in the morning)

ドメイン名(http://以下)を検索窓に入力するだけですぐに被リンク調査したいというせっかちな方向け。

http://www.opensiteexplorer.org/links?site=%s

ついでに「SEOまとめ」も!

SEOまとめは無名の一般人が書いているSEOブログです。

http://www.seo-matome.jp/?s=%s

まあ最後は蛇足でしたが、ほとんどのサイトに適用できるということですね。
使える機能はなんでも使って、どんどん効率をあげていきましょう。

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」としてブログやtwitterを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。